犬のしつけ DVD 無駄吠え トイレ 散歩

犬のしつけ完全版~無駄吠え、噛む、トイレの悩み > スポンサー広告 > 『犬にしつけは必要ですか?』> 犬のしつけ体験談 > 『犬にしつけは必要ですか?』

プロフィール

青井すず

Author:青井すず
都内で獣医師をしています。

ただペットの病気を治すだけではなく、
飼い主さんと愛犬のよりよい関係づくり、
快適なくらしのお手伝いをすることも
大切な役目だと考えています。

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『犬にしつけは必要ですか?』

2014年09月07日(日)

20140907.jpg

犬にしつけは必要ない!
と言う人にはどんな考えがあると思いますか?

「犬とひとは対等であればいい」

「命令して無理やり言うことを聞かせるなんて可哀想!」

「楽しくない・・・」

「うちのコは言って聞かせればわかります!」

「言うことをきかないのも個性だ」
 などなど

いろいろだと思います。


その一方で・・・

「散歩中、犬とすれ違う時に急に噛みついたんです!」

「お留守番中、ずっと鳴いていて近所から苦情が・・・」

「いつもお客さんに跳びついて、困っています」


愛犬がどうしても言うことをきいてくれずに、
日々悩まされている飼い主さんがいます。


今日は、犬にしつけは必要なのかどうかを
一緒に考えみたいと思います!


まずは、
犬の行動学を少しお話しておきますね。

犬は群れで生活する動物です。

群れの意識が高いので、
群れと離れると不安になります。

(これが極端に現れた場合、
「分離不安症」として今問題になっています。)


犬の世界では生まれながらにしてリーダーとなり
群れを導くものと、リーダーに従って
安心して生活を送るものに分かれます。

上位のものに下位のものが従う、
主従本能というものがあるんです。

犬は信頼できるリーダーを持つことで、
精神が安定して穏やかに暮らすことができます。


反対に、
飼い主がリーダーになってくれない場合。
自分がリーダーになって
家(縄張り)を守らなければいけません。


いつも気を張っていなくてはならず、
落ち着かないです。

さらに、
いつもリーダーを放棄している飼い主が
たまに言うことをきかせようとしてきた時には・・・

すごくストレスを感じます。

だから、吠えたり、威嚇したりして、
精一杯自分の地位を守らなければなりません。

人間社会に適応して生活させる以上、
こちらのルールに従わせないといけない時は
必ずやってきます。

それでも、
犬にしつけは必要ないと言えるでしょうか?

番犬にしたいなら仕方ありませんが・・・


無駄吠えでご近所迷惑。
散歩中に吠える、人や犬に噛みつく、跳びかかる。

こう言った問題行動で、
無責任にも犬を手放す人がいるのも事実です。


さらには、
病気になっても病院に通えない、
薬を飲ませられない。

「嫌がるからしかたない・・・」

これでは、とても長生きなんてできません。

厳しいことを言ってしまうと、
しつけをしない理由は、飼い主さんの言いわけです。


それと同時に、
叩く、叱る、といったマイナスイメージから、
しつけに気が進まない。
というのはあると思います。

診察をしながら、
しつけに関してお話を聞いてみると、

ネットや口コミで犬のしつけに関する
「間違った常識」というものが、
広く蔓延しているようなんです。

多くの人が、正しいと思っている犬のしつけ方法。

「え? これって駄目だったの?」
「こんなことしたら余計悪くなるの?」

などなど。驚きの連続かもしれません。


一度、きちんと犬のしつけについて
学んでおくことをオススメします!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
美しいウエストライン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。