犬のしつけ DVD 無駄吠え トイレ 散歩

犬のしつけ完全版~無駄吠え、噛む、トイレの悩み > スポンサー広告 > 犬の気持ち、わかります。> 犬のしつけ体験談 > 犬の気持ち、わかります。

プロフィール

青井すず

Author:青井すず
都内で獣医師をしています。

ただペットの病気を治すだけではなく、
飼い主さんと愛犬のよりよい関係づくり、
快適なくらしのお手伝いをすることも
大切な役目だと考えています。

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の気持ち、わかります。

2014年09月12日(金)

20140911.jpg

犬の問題行動の多くは、
犬の興奮レベルが高まったときに起きます。

なので、飼い主さんは
犬の「興奮のボルテージ」が最高潮に
達して手がつけられなくなる前に、

その前兆を見つけて、パッと
犬の気分を変えてやる必要があります

先月の記事では、
このようにお伝えしました。

※過去記事
→ 犬のしつけは○○すれば上手くいく!


さて今日はその続き、

「興奮の前兆の見つけ方」
お伝えします。

このポイントをマスターすると、
犬の気持ちが正確にわかります。

自分の犬が支配的なのか?
それとも従属的なのか?

こういうことも、
少しづつ見えてくるはずです。


とくに神経質で警戒心が強い子に
多く見られる行動ですが、

「いろんな音や物・人に吠える」
「人や他の犬を攻撃する」


こういった問題の前に犬が見せる
典型的な姿があるので、

ぜひ知っておいて下さい。


まずは攻撃的で支配欲がつよい犬の場合から。

支配欲がつよい犬は、
興奮のスイッチとなる対象を見つけると、

口を閉じ、耳をグッと前に向けて、
対象を凝視します。

いつでも前へ飛び出せる姿勢
(前足に体重)をとり、

強い犬ほど、
じーっと息をひそめて静かです。
これは攻撃する際の力を温存するためですね。

尾は立っていたり、ふっていたりしますが
力が入っています。


次に、従属的だけど不安感が強いために
吠えたり攻撃したりする犬の場合です。

耳は後ろにピタッと倒れて、
力が入っています。

対象を不安げに見たり、
目をそらしたりしています。

緊張して鼻はほとんど使っていません。

尾は股の間に入っていたり、
力が入っています。

自分から近寄ることはしませんが、
相手がそのサインを無視して近づいてきたら、
吠えたり、噛みついたりします。


愛犬がどんな時に吠えたり攻撃するのか?

それは、
一緒に暮らしている飼い主さんがいちばん
知っている事だと思います。

その際に、
耳の位置、目つき、口元、鼻の使い方、姿勢、尾の様子

こういったポイントの意味を考えると、
より自分の犬を知ることができます。

下記の絵はわかりやすいので、
一度確認しておくことをオススメします。


★絵で見る犬のボディーランゲージ

<姿勢>
o03870235128141149231.png

<表情>
o0369028112814114922.png


(フォックスの著書の挿絵より)


さて、
あなたはいつでも愛犬の状態を知り、
興奮の前兆を見つけることができます。

では、その興奮をおさえるには
どう対処すればいいのでしょうか?


長くなってしまったので
近日、お伝えします!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
美しいウエストライン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。