犬のしつけ DVD 無駄吠え トイレ 散歩

犬のしつけ完全版~無駄吠え、噛む、トイレの悩み > スポンサー広告 > 見えないリードを持つ人> 犬の散歩 > 見えないリードを持つ人

プロフィール

青井すず

Author:青井すず
都内で獣医師をしています。

ただペットの病気を治すだけではなく、
飼い主さんと愛犬のよりよい関係づくり、
快適なくらしのお手伝いをすることも
大切な役目だと考えています。

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えないリードを持つ人

2014年09月25日(木)

20140925.jpg

先月の記事、
⇛「お散歩グッズを見直し、
犬の引っぱり癖を解消する方法」



良い道具はあなたにとって
“最良の友”となったのでは
ないでしょうか?

しかし、
友達はあくまでも友達。

あなたを強力にサポート
してくれたとしても、

あなたのかわりに犬のしつけを
してくれるワケではありません。

何より大切なことは、
“あなた自身”が犬に対して
散歩中に正しい行動をとることです。


犬にきちんと影響力を持っている
人を見ればわかりますが、

リードなしでも愛犬と並んで
歩くことができます。

(安全のためにリードは必要ですが、
 なくてもできるという意味です。)

見えないリードを持っている人と、
持っていない人の違いは何か?

それは、
お散歩中のNG行動パターンにあります。

当てはまるところがある場合には、
改善の余地アリ!!ですね。

さっそく見ていきましょう。


【お散歩中のNG行動パターン】

・リードを見せると大喜び、
 犬が興奮したまま家から出ている。 

・家のドア、門からは
 犬を先に出している

・散歩を終えて家に入るとき、
 犬が先に入っている

・いつも同じ散歩コースにしている

・散歩中は常にリードが
 張った状態になっている

・犬が自由にニオイをかぎながら、
 行きたい方向へ行く


とくに、散歩のはじめと終わりは
肝心ですね。

興奮したまま家を出れば、
散歩中もその興奮は続いてしまいます。

なので、
犬が興奮していたら落ち着くまで
その場で何分でも待ちます。

これを何度もくり返すことで、
「落ち着いたら散歩に行ける」
学習することができます。

また、慣れたコースでは、
犬もやり慣れた行動(引っ張る行動)
をとってしまうので、

上手く散歩できるようになるまでは、
コースを変えた方がいいです。

最後に一番やりがちな最大の失敗!

それが、
《リードを常に張っている》事です。

犬が引っ張るから、
リードを人が引っ張る、

すると、犬はさらに引っ張る・・・

こうして、
「犬ぞり状態」の完成です;


犬が引っ張ったら、ちょんと一瞬
リードを引いて、すぐに緩める。

または犬の前を横切って
向きを変えてリードを緩める。

こういう行動をとることで、
引っ張らないように
教えることができます。

人を尊重しながら散歩できる
ようになるまでは、

好き勝手にニオイをかぐのを
ガマンさせることも大切です。

こういった行動はすべて、
「人が主導権をにぎっている」
という事を教えるためです。

愛犬が何歳でも手遅れではありません。

今年こそ、
《犬と一緒に景色を楽しみながら歩く》

そんな散歩を手に入れてください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
美しいウエストライン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。