犬のしつけ DVD 無駄吠え トイレ 散歩

犬のしつけ完全版~無駄吠え、噛む、トイレの悩み

プロフィール

青井すず

Author:青井すず
都内で獣医師をしています。

ただペットの病気を治すだけではなく、
飼い主さんと愛犬のよりよい関係づくり、
快適なくらしのお手伝いをすることも
大切な役目だと考えています。

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のしつけは○○すれば上手くいく!

2014年08月22日(金)

20140822.jpg


まず最初に、
犬の「問題行動」とよばれるのは、
どんな行動だと思いますか?

今回は、
よくあるケースを分類してみました!

<家の中での問題>

家族になつかない
苦手な家族に噛みつく、威嚇する、吠える
電話や外の音に吠える
掃除機に吠える
興奮して家中走り回る
所かまわずおしっこをする
うんちを食べる

<同居犬との問題>

犬同士で急にケンカが始まる
飼い主に攻撃的になった

<来客時の問題>

ドアベルに吠える
開いたドアから飛び出す
来客に飛びかかる
来客に威嚇する、噛みつく

<散歩中の問題>

リードを引っ張る
まともに歩かない
拾い食いをする
犬や人とすれ違うと吠えまくる
犬や人に飛びかかる、噛みつく

これらに全部当てはまる子もいれば、
どれにも当てはまらない子もいます。


家では問題なくいい子だけど、
散歩や他の犬は苦手という場合もあります。

(その逆は、まずありません。)

また、
最初は上手くいっていたのに、

他の犬を飼いはじめたり
家族が増えたりしたのがきっかけで
問題行動がみられるケースも多いですね。

上記にあげた中で、
拾い食い、排尿、食糞の問題以外はすべて。

じつは、
あるひとつのことが原因となっています。

それは・・・

「興奮」です。

ドアベルや野外の音、苦手な人、
同居犬、来客、散歩などは
この興奮のスイッチに他なりません。

なので、
飼い主さんが犬の興奮を察知し、
コントロールする方法を学ぶことで

かなりの問題に対処することができます。


同じ犬でも問題行動の程度がちがうのはなぜか?

それは、
興奮する対象や、興奮レベルのちがいです。

犬によっては
人が興奮の抑え方や抑えるべき時を教えて、
手助けしてあげる必要があるんです。


興奮の見つけ方、抑え方は
各問題の対処方法と合わせて順番に
お伝えして行く予定です!

犬も人も落ち着いて、
ゆったりとした暮らしを手に入れましょう!


飼い犬に手を噛まれるなんて

2014年07月16日(水)

2043203837_4730ff8212.jpg

「うちの犬、かわいい顔して気が強いから~」

そう言って噛まれることに馴れて、
さらに、それを許している
飼い主さんが少なくありません。


まずはじめに
確認しておきますが、

「飼い犬があなたに噛みつく」

これは、
どう考えても絶対にダメです!!

ムダ吠えやトイレのしつけよりも
まず一番先に取り組むべき課題です。


どんな気の強い子であっても、
犬と健全な関係をつくることはできます。

今日からいっしょにこの難題に
取りかかりましょう!


さて、
成犬の「噛み癖」にはいろいろあります。

1.遊びの甘噛み
2.威嚇して噛む
3.恐がって噛む



いつ、どんなタイミングで、
誰を、どうやって噛むのか?


飼い主さんがしっかりと
観察してみてください。

噛む原因を見極めたら、
次はそれぞれの原因にあった対処をします。


遊びの甘噛みの場合は
「無視」が効果的だということは
先週お伝えしました。


今日は
威嚇して噛む場合をお伝えします!

叩いたり、鼻ピンをしたり、
口をつかんで叱ったり・・・
全部よくないです。

気の弱い子には一時的に効果がありますが、

体罰を与えてやめさせると
余計に攻撃的になってしまったり、
飼い主への信頼が損なわれるので
やめておいたほうがいいです。


威嚇するのは縄張り意識からや
噛む対象を下に見ているからです。

この場合、
飼い主さんの権威を回復させないと
噛みつきは治りません。



対策としては、
まず犬が威嚇しようとしたら
毎回決まった短い言葉で制止します。

ポイントは威嚇してからではなく、
“威嚇しようとしたら”ですね!

さらに、
犬からすると服従姿勢である
「伏せ」の練習を強化します。

そして極めつけは、
NLF法と呼ばれる手法です。

別名“生涯ただのものなどない”法です。
(=Nothing in life is free program)

これは、
犬が何かを求める度に必ず
「お座り」などの指示を出し、

犬がそれに従わないかぎりは
犬の要求には応えない!という方法です。

言うことをきかない時は
しつこく言ったりせず、
無視してその場を立ち去ります。

そうすることで犬は
「飼い主には従わなければいけないのか~」
と学習してくれます。

犬によって性格がちがいますし、
忍耐のいる作業になることもありますが、

必ず噛み癖をやめさせることは可能なので
諦めないでくださいね。


恐がって噛む場合の対策は
また少しちがうので、

次の機会にお伝えします。


どの場合にしても、
飼い主と犬の信頼関係が絶対条件です!

犬との関係をつくり直す方法は
下記の記事をお読みください。

 ⇒ 犬のトップリーダーになる宣言!

愛犬のムダ吠えをぴたっと止めた、ある意外な方法・・・!?

2014年07月10日(木)

20140710.jpg

患者さんの中にすごくお利口なマルチーズ犬がいます。

「とってもお利口ですよね~
 マルちゃんになにか特別なしつけをされたんですか?」

好奇心からついつい、その秘訣を尋ねてみると・・・

予想外の答えが返ってきました!



マルチーズと聞くと、
あなたはどんなイメージを思い浮かべますか?

白くてふわふわして可愛い。

真っ黒でつぶらな瞳。

愛嬌のある動き。

そして、、、キャンキャンとにかくよく吠えるわんわん


こんなところではないでしょうか?

ぬいぐるみのように可愛いくて愛嬌もあって、
性格も落ち着きがあり飼いやすい犬種であることは確かです。

その一方で、
持ち前の警戒心からじつによく吠えるのが玉にキズです。
(番犬には最適なんですが・・・)

しつけをしないで放っておけば、
近所迷惑になるくらい吠えるようになってしまいます。

とくにアパートやマンションで飼っている方から
手を焼いているという相談も多いですね。


さて、マルちゃんの飼い主さんも最初はマルちゃんのムダ吠えに
たいへん悩まされていたと言います。

その対策に何を使ったかというと・・・

なんと
鍋とフライパン」です!

マルちゃんがムダ吠えするたびに、
その二つをシンバルさながらにバーンっと
鳴らしたところ・・・

小さなマルちゃんはびっくりして、
まったくムダ吠えしなくなったそうなんです。

最初に聞いたときは正直、ちょっと可哀想・・・
と思ってしまいましたがガーン

これはかなり極端な例ですが、
ひとつのやり方としてご紹介しました。

ムダ吠えした時に大きな音を出すなどして、
吠えると怖い事が起きるんだ!と犬に理解させる
天罰方式』という対策法ですね。

やり方はどうであれ、小型犬のムダ吠えには
とくに『天罰方式』が効果てきめんだな~
と実感しています。

みなさんのワンコにも効果があったムダ吠え対策があれば
ぜひ教えてください。

ブログのコメント欄までお願いします!


PS1
あまり何度も大きな音で怖がらせすぎると
逆にトラウマになってしまうことがあるのでご注意ください!!
しつこくやらずに一瞬だけ、的確なタイミングで行う事が大切ですね。

PS2
しつけに本気でお困りの方はぜひご覧下さい。
⇒ 犬のトップリーダーになる宣言!



「うちの犬、噛み癖がひどいです。」

2011年01月31日(月)

20110131.jpg


しつけに関するお悩みをご紹介します。


<飼い主さんからのご質問>

犬種ミックス犬
年齢生後8か月
性別♂
去勢無
飼育環境室内


今年の夏に保健所から引き取りました。

噛み癖がひどいです

他人には噛みません。

飼い主だけに噛む事があります。

どうしたら噛み癖が治りますか。

もしかしたら保健所の犬だからですか?


<青井すずの回答>

はじめに、「保健所から引き取ったから噛む犬だ」
ということはありません。

何か原因があります。

そもそも、生後8か月と言えば他のどの犬も
なんでも噛んで、社会勉強をする時期です。

その他にも、
前の飼い主や保健所で人に対して恐怖心があったり、
もともと気が強い性格なのかもしれません。

まずは、
遊びの甘噛みなのか、
威嚇して噛むのか、恐がって噛むのか・・・
見極める必要がありますね。

いつ、どんなタイミングで、
どうやって噛むのか?観察してください。


そして、
今のうちに必ずやめさせることが大切です。

今は飼い主だけでも、そのうち必ず
他人や他の犬を傷つけるようになります。

どうやってやめさせるのかというと、
まずはあなたとの関係をはっきりさせてください。

その子にとってのリーダーになってください。
それに尽きます。

大きな声をだしたり、
叩いたり罰を与えてやめさせると、
余計に悪化します。

臆病になったり、
凶暴な犬になったりしてしまうんです。

犬によって性格がちがいますし、
忍耐のいる作業になることもありますが、
必ず、噛み癖をやめさせることは可能です。

大変だとは思いますが、
強い意志をもって、
絶対にあきらめないであげて下さいね。

リーダーになる方法は
⇒コチラをお読みください


同時に、
柴犬などの日本犬の血をひくオス犬はとくに
未去勢だとどんどん気性が荒くなっていきます。

犬を飼い慣れた人でも苦労するぐらいなので、
子どもをとる予定がない場合は、
迷わず去勢手術をしておくことをおススメします。

追記

子犬は甘噛みをしながら
相手との上下関係を調べています。
遊びでも人に歯をあててきたら、
すぐに遊びをやめて犬を完全に無視して下さい。


「この記事が役に立った!」と言う場合には
応援クリックいただけると助かります。



PS1 

上記の方法を試しても、
どうしても手に負えない場合は
訓練士さんに相談したり、
しつけ教室に参加するなど、
プロの力を借りることも考えてみてください。

FC2ノウハウ

犬のしつけ体験談、募集中!

2011年01月23日(日)

20110122.jpg


犬の飼い主さんにとって、
しつけに関するお悩みは意外と多いです。

さらに、悩んではいなくても、
「うちの子は言うことを聞かないから仕方がない」と
諦めてしまっている場合も多いです。

そんな方々にぜひ、悩みを捨てて
犬の素晴らしさを実感してもらいたい!

そんな気持ちで
このサイトを作りました。

ここで、少しだけ
私自身の話をさせていただこうと思います。

幼い頃から周りにはいつも
犬猫をはじめとする動物がいました。
小さな動物園?というくらいです。

成長して、獣医師という仕事についた現在も
毎日いろいろな種類、性格の犬と接しています。

初対面の犬を診察する場合には、
威嚇されたり・・・
噛まれたり・・・
うまくいかないこともあります。

そんな中で、
もっともっと犬と良い関係を築けるように
試行錯誤を繰り返してきました。

そして、ある法則に気がついてからは、
どんな犬でも比較的かんたんに
言うことを聞いてくれるようになりました。


犬はとても頭のいい動物です。
そして、犬には犬のルールがあります。

犬の性質を知らずに、犬と接していては、
いつまで経っても<ただ可愛がるだけの存在>
でしかありません。

せっかく、素晴らしい犬と暮らしているのに
もったいないですよね。

私にもあった<気づき>を
できるだけ多くの人に起こして、
行動にうつしてもらいたいと思います。

まずは一度、
愛犬との関係を再認識してみてください。

うまくいっている人も、
そうでない人も・・・

ワンコともっと強い信頼関係を築いて、
充実した楽しい暮らしを送れるように
サポートできればと考えています。

『犬のしつけ完全版』と名付けましたが、
じつはまだまだ未完成なんです。

なぜなら、みなさんのお悩みや
成功体験があってこそ完成するからです。

そして、その体験を読んだ人がまた成功して、、、
そういう連鎖を生んでいけたら最高ですよね。

ぜひ、ご協力いただけると助かります。


犬のしつけに関するお悩み・成功体験は
下記のフォームにお願いします。
⇒ しつけ体験談受付フォーム


「この記事が役に立った!」と言う場合には
応援クリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へ

もっと役立つ!青井すずのメルマガ読者登録
まだの方は⇒コチラから



おススメ情報

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
 
美しいウエストライン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。